まゆたろう日記

≫COBO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりな面々


雨が降っていた昨日は
『おうちでクッキーを作ろう!』
とようちえんから帰ってきました。

でもその前に
久しぶりにCOBOを仕込みたくって
スーパーへ寄り道して物色。
帰ってきて仕込みました。

ここしばらくの間には、COBOって??
という方もまゆたろー日記を読みに来てくださっているので簡単に説明すると~
ウエダ家さんの方法で育てるCOBOとは
果物や野菜そのものについてきている野生の菌。
その果物だけをエサにしてその野生の酵母のチカラを最大限に引き出して育てる
そしてそのチカラを利用して舌にも身体にも気持ちにもおいしく有益に。
多分、こんな感じです。
わかりやすい例を出すと・・・
そのCOBOの育ち具合でスープやいろいろなお料理に使ったり。
パンが焼けたり。
焼き菓子が作れたり。
~もうとても深すぎる世界ゆえ、ここではこの辺で終わりにします。


IMG_2898 (320x240)

右から
玉ねぎ角切り
玉ねぎすりおろし
みかん
いよかん
(ウエダ家さんに危険だから絶対にやってはいけないと注意を受けた)レーズン

ダメと言われるとやってみたくなる・・・
天邪鬼なワタシ、でもビビリでもあるのでビンの大きさに比べて内容がかなり少なめ。
このビンいっぱいにレーズン入れたら蓋が飛んで天井に穴が開きそうだもん 汗


そして一年ぶりくらいに冷蔵庫のほったらかしCOBOの様子を見てみる。
まじめにCOBO生活を送っている方々にとっては信じられないくらいの放置プレイ 汗

あの震災の数ヶ月前に仕込んでいた柿は二年経ってこんな具合。
もちろん、ビンの中に入れたのはその当時の旬の柿のみ。
ビンの写真を撮るの忘れたけどまだまだ形はしっかりしてて液もほぼ透明。

IMG_2900 (320x240)

この柿、実の部分は驚くほどしっかりしてて皮をとるにはナイフが必要。
おそるおそる味見をしてみると・・・
『おいしー!』
この声でりんたろーも寄ってきて味見。
もっとくれ!とさわぐほどおいしい。
生の柿よりだんぜんコッチ派。
杏のドライフルーツの砂糖無し版みたいな感じ。
程よい酸味と甘み・・・だけじゃなくて味にとても奥行きがある。
皮と種を取り除いてブレンダーにかけてビンに戻す。
またしばらく冷蔵庫で眠っていただいている間にきっとおいしい柿酢となってくれるだろう♪

そしてこちらはまたまた2年が経過したすりおろしりんごCOBO。

IMG_2901 (240x320)

蓋を開けようとすると・・・
まだ勢いがありそうでビックリ!

IMG_2902 (240x320)

あれ?2年経ってるよね??
でもまだまだ若干フルーティーな香りも漂う。
味見してみるとこれまたおいしー!
りんたろーももっとくれとせがむ。
Level3 だと思うんだけど、果肉部分がとってもとろりんとしていて本当においしい。
このまま食べてしまいたいくらいだったけど
うーん、保留・・・

そして冷蔵庫のビン整理の続き

IMG_2903 (320x240)

これはCOBOでもないけど
COBOの考えをアレンジして仕込んだ
梅味噌2本とゆずポン酢これも2年以上経過してますますおいしいことに。


さてさて、りんごCOBO・・・
そうだ、ピラフにしよう!
夕飯は『すりおろしりんごCOBOのピラフ』に決定。

IMG_2904 (320x240)

あり合せのにんじんと玉ねぎとペカンナッツを入れただけでも
りんごCOBOのチカラで
とっても好評でした~♪

そして残りのりんごCOBOでカンパーニュを焼くことに
強力粉・りんごCOBO・塩で・・・
夜中にあまりふくらまないカンパーニュ完成 汗
手のひらサイズのみっちりカンパ×3コ
今日、りんたろーが2つペロッと食べてました。
みっちりしてるけど、りんご風味で味はおいしい。
ドライイーストのパンとは違って、材料はシンプルなのに華やかに広がる。
やっぱり菌っていいな~


というわけで昨日はおもわず菌との対話を始めてしまったので
クッキー作りは延期になりまして・・・
今日、これからクッキー作る!らしいです。

スポンサーサイト

パン Design Program1

2011021310460000.jpg


ウエダ家さんのパン講座
2月に1回目がありました。
今回は忘れないように残しておこうと思いつつ…
気がつくともう3月(^_^;)
次回の講座の前に写真だけでもアップしておかなくては!
記憶はかなり薄れてきているので(-_-;)

今回はみかんCOBOがメインです。
2011021312490000.jpg

今年のみかんはハズレ年らしい…
この写真のCOBOたちもイマイチの出来だと。

そしてこの後
奥の部屋からユウさんがそれはそれは大切そうに瓶を抱えてきて
このみかんは今年一番の出来!!!
というみかんCOBOを見せてくれました。
泡の細やかさの違いは一目了然!(画像なしです)
味の違いも歴然でした。
(かーなーり渋々お味見させてくれました笑)

そしてこの日はパンの試食盛りだくさん。

2011021313560000~00001

柿COBOベーグル・みかんCOBOの丸パン・みかんCOBOのスコーン


2011021313570000~00001

乳COBO88のカンパーニュ


2011021314070000~00001

みかんCOBOの白花豆スープ

パンとひとくくりに言ってしまってるけど、COBOパンって別モノです。
お腹に負担が少ないというか、後がラクです。
……パンに多くを語らないmayutaro

じ…実は粉もの苦手なのです(笑)
パンとかクッキーとか…
なんでパン講座にいってるの! ですよねぇ。。

なぜかというと…
COBOをじっくり勉強できるのはパン講座だとのありがたいお話がありまして
パン講座に足を踏み入れたのです。
ふんふん、なるほどな~です。
COBOのパン生地と向き合っているとめくるめく想像がどんどん広がっていって菌たちと仲よくなれるような気がします。
とはいっても、想像の中なのに菌たちはなんだかつれなくて…
結構片思いっぽいコミュニケーションで
仲よくというよりは少しお近づきに…位が的確かも。

まぁまぁ
そんなわけで、mayutaroの頭の中はややもやしもんばりです(^^ゞ

いままでのCOBO記録

忘れないうちにCOBOの記録をば。

2010121318340000.jpg

COBOランチ。いや、ディナーだったかな…
初めて焼いた丸パンはすりおろしりんごCOBO。
入れなくてもいいオイルを入れてしまって、さらに焼成温度を高く設定してしまったのでちょっと色黒(^_^;)
りんごCOBO×味噌ナムル。
キャベツCOBOのザワークラウト。これは4カ月くらい経ってるかな。
奥はりんごかみかんCOBOの豆乳ヨーグルト盛り。
その奥は…たぶん昆布COBOと何かをあわせたポタージュスープ。


2011010901360000.jpg

恐れを知らず角食へトライ!
洋梨COBOの甘味がふんわり残ってておいしかった~
でもパン型に塗ったオイルの量が少なかったらしく、型から外す時に悲惨な状態に(>_<)
写ってない部分が陥没しています…


2010123016490000.jpg

みかんCOBOのブリオッシュ。
ブリオッシュが粉とみかんとオイルと塩でできるなんてビックリ。
普通のブリオッシュみたいにしつこくない。
キメが細かくて口の中でふんわりほどけていくような生地にまたビックリ。
noritaroさん絶賛!


2011011721070001.jpg

みかんCOBOのスコーン。
外側はサクサクしているのにパサパサ感がなくて
中はしっとり…ケーキ風?
おいしかったなぁ。
これはrintaroさん大絶賛!!

2011011919170000.jpg

柚子COBOの炊き込みごはん。
柚子の香りとキノコのが仲良し。
実はこの時、火にかける時間をうっかり短くしてしまって蓋を開けたらまだ水分がたまってました(^_^;)
再度炊きなおして蒸しなおして…
それでもおいしくいただけました。
食後の胃がいつもよりも軽快で、COBOの力を借りると玄米も消化が良くなる…
を実感しました。
これは畑のおばあちゃんにも玄米なのに食べやすくておいしいと言ってもらえましたよ~!

めくるめく菌の世界

2010122514200000.jpg

画像デカイですが…
昨年末にウエダ家さんでいただいたたまねぎCOBOのパンです。
粉・たまねぎ・オイル・塩だけなのに、心底驚きの味でした。
肉まんの皮の内側の餡に接した部分の味…が近いかな。
いや…獣臭さがないから、ベジまんの皮の内側の部分のほうが近い。

すごいな~たまねぎCOBO。

元来発酵もの好きなmayutaroは菌も大好き。
念願かなって、昨年はウエダ家さんのCOBO Labo.に通いました。


知れば知るほど奥深くて
勢力争いの図や共存の図、喜んでいる図や安らいでいる図、食べる図や食べられる図…
めくるめく想像が膨らみます。

今、ちょっと怪しいって思った人いるでしょ~!
でもね、この想像力も大切なんだってウエダ家のユウさんは言ってくれたよ~
果てしないひろがってゆくmayutaroの想像。


というわけで
昨今、mayutaroのCOBO生活が活性化しているので
発酵ものと保存食のカテゴリーからCOBOのカテゴリーを別に立ち上げました。

かりんcoboヨーグルト♪

karincoboyogurt

かりんcoboと豆乳でヨーグルトを作りました。
なんてくせのないまろやかさ!
ふわりとかりんが香ります…

そのままでもおいしいのですが、
かりんの蜂蜜漬けを添えてみました。
優しい甘味とかりんの芳香に包まれて素敵なひととき

ウエダ家さんのCOBOの本は愛読書です。
素敵な写真、独特の表現にもひきこまれてしまいます。

いつか、COBO Studioにもお世話になってみたいなぁ~と憧れています。
そのまえに、自らの五感(六感も)を研ぎ澄ますべく修行中。
今は、keiちゃんポロンちゃんのブログで想像を膨らませて楽しむ日々です。
お二人とも、私の想像をかきたてる素敵なお話をいつもどうもありがとう(^^♪

 | HOME | 

プロフィール

mayutaro

Author:mayutaro


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (8)
こども (36)
からだの声とこころの声 (12)
おうちごはん (16)
発酵ものと保存食 (9)
おでかけ (9)
畑活動 (6)
スプラウト (2)
スクールとイベント (12)
調理器具 (5)
おしらせ (13)
COBO (5)
おうちづくり (26)
長生未央のおうちにて (1)

FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。