まゆたろう日記

~身体の声に耳をすませば、きっとみつかる~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続☆カムット君+α

カムット小麦若葉の続報です。

前回の記事ではまだまだ薄い色だったカムット君の若葉。

2010051409560000.jpg
5月14日。
あれからずっとバルコニーに佇んでいただいています。


2010051714060001.jpg
5月17日。
随分緑になりました!
この場所、画像左側が外側、右側が室内側なのですが、左と右のカムット君の成長の差が画像からわかりますでしょうか?
それぞれアップにしてみます。

2010051714050000.jpg
左側。

2010051714050001.jpg
右側。

若葉の太さも色も違います。長さはそれほどではないけれど、多少違うかな?

左側は午前中2~3時間日向になるくらいであとは明るい日陰。右側は一日中日向になることはなく、ずっと明るい日陰だと思います。
14日の夕方~17日の昼でこんなに差が出るなんて…ビックリです!
すかさず、席替えしました(^^ゞ

小麦若葉。室内でも育つとは思いますが、やっぱりお外の方が気持ち良さそうです(^^♪


そうそう、シードマイスタージュニアとなった私の見識では…(ちょっとエラそう 笑)

『小麦若葉を含むスプラウトのベストな育て方』

自分で水栽培!です。

なぜなら…
トレイで土を使って育てている場合は繰り返し使うことで、土の持つ栄養分は減っていきます。そこで、植物の栄養となる窒素・リン酸・カリウムを補充していくことになると思うのですが…化学肥料にしても有機肥料にしても、外から肥料分を与えた場合、その植物は窒素過多になってしまいます。葉は多くの硝酸態窒素を含むことになり、動物がそれを摂取することでメトヘモグロビン血症(ブルーベビー症候群もこれです!)を発症したり、体内で発がん性物質のニトロソアミンが生成されることも…

この恐ろしい硝酸態窒素ですが、植物が30㎝以上に成長すると徐々に減っていきます。
それゆえ、スプラウトや小麦若葉ではちびっちゃい内にいただいてしまうために大問題なのです。
ちなみに、30㎝以上に成長していくときにおひさまの光を浴びることが大切なので、たとえ室内で30㎝以上に育てたとしても、硝酸態窒素は減っていかないかもしれませんね。

もし仮に、現実的でないけれど、無肥料無農薬の畑でスプラウトを育てたとしても…
やっぱり必要な窒素分は吸収していると思われるので、植物が自身の身体の中に一番硝酸態窒素を持っている時期(ちびっちゃい内)にいただくのはあまりおススメできないような気がしています…

硝酸態窒素の危険性については、鶴見先生はスプラウト自体も危ない!と言っておられたくらいです。
でも、みなさんご存知のように…スプラウトのメリットもとっても大きいですよね。
なので、mayutaroのおススメは自宅で水栽培です。
市販されているスプラウトはとってもお手軽ですが…成長促進剤+成長抑制剤が使われているとも聞きます。そして、水だけではなく液肥が施されているそうです。この液肥の中にはとっても吸収されやすい窒素が含まれているため、硝酸態窒素フィーバーになってしまいそうです(>_<)
自宅で水だけで育てれば、もともとその種自身が持っている窒素分だけなので、その量は外から与えられたものに比べれば随分と少ないそうです。


さて、カムット君のお話からちょっとずつそれつつ長くなってしまいましたが…
mayutaro家のカムット君はお水だけで育っているので、30㎝になる前にありがたくいただく予定です。

ありがたくいただく命、愛を持って命をつないでいきたいと思います。

 
スポンサーサイト

Comment

[61] はじめまして。

こんにちは。
“グリーンスムージー”で辿り着きました☆
私はベジタリアンなのですが、「GS」はこれからでして・・・
有機野菜や果物が近所では手に入らず宅配の物に頼っています。
ベランダ菜園いいですね~!

また、お邪魔させて下さいませ。

[62] Gypsyさん♪

はじめまして!
コメントありがとうございます☆
グリーンスムージー…奥が深いです。。
飲みたい時にはおススメですよ(^^)
私は飲みたくない時にはその声に逆らわず、飲みません。

グリーンも、実は自分で育てていても、食べたくないと感じるものもあるのです…
その種が作られる時に薬が使われていたり、遺伝子組み換えの種だったり、、私の知らない過程で何かあるのかな~と思います。
実は、有機と表示されていてもそんな時があります…

野生の勘を信じて、身体の声を大事にしたいですね(^^)

ぜひまたいらしてくださいね~(^^♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://mayutaronikki.blog109.fc2.com/tb.php/59-068fdd31

 | HOME | 

プロフィール

mayutaro

Author:mayutaro


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (8)
こども (36)
からだの声とこころの声 (12)
おうちごはん (16)
発酵ものと保存食 (9)
おでかけ (9)
畑活動 (6)
スプラウト (2)
スクールとイベント (12)
調理器具 (5)
おしらせ (13)
COBO (5)
おうちづくり (26)
長生未央のおうちにて (1)

FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。